An Ordinary Life

Shonan, Nature/Snap photos, Sony cameras and Others

皇居周辺撮り歩き(デジタル+フィルム)

20180430_15
Sony ILCE-7S Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical


GW2日目、皇居周辺を散策してきました。男らしくフィルム一台でいこうかと思ったのですが、結局日和ってデジタルカメラも持っていきました。

■ デジタル:Sony α7s / Nokton 40mm F1.2 asphelical
■ フィルム:Nikon F3 / Nokton 58mm F1.4 SLII N

という装備での撮り歩きです。

Nikon F3には今回フジカラーC200を装填しました。

フジカラーC200は、フィルムカメラブロガーの皆さんの作品を拝見させていただく限り、自然な色味で、興味を持っていたフィルム。ただ、海外用フィルムのためか近所のカメラ屋さんには売っておらず、Amazonでも10本セットしか見当たりません。このことからなかなか手が出なかったのですが、先日代官山の北村写真機店でバラ売りしているのを見つけ、物は試しと買ってみました。さあ、どんな写りを見せてくれるのでしょうか。 


東京駅・丸の内周辺
首都高直結の東京駅八重洲パーキングに車を停め、散策に出発です。まずはフィルムで。

20180430_01
Nikon F3 Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLII N FUJICOLOR C200

20180430_03
Nikon F3 Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLII N FUJICOLOR C200

20180430_04
Nikon F3 Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLII N FUJICOLOR C200

20180430_06
Nikon F3 Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLII N FUJICOLOR C200
いいですね、C200!さすが常用フィルム、自然な発色・自然なコントラスト。安心して使えそうな感じです。Natura 1600の時と同じようなことを言っていますが、Natura 1600の方が若干マゼンダ寄り、こちらの方がグリーン寄り(というかニュートラル)な印象。それにしてもハイライトの粘り腰がすごいなあ。


皇居
さてここからは、デジタルとフィルムのミックスで。
20180430_07
Sony ILCE-7S Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

皇居へは和田倉門からアプローチ。和田倉休憩所では百名城スタンプをゲット。
20180430_08-2
Sony ILCE-7S Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

20180430_09
Nikon F3 Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLII N FUJICOLOR C200


日曜の内堀通りは自転車専用道になるんですね、知らなかった。
20180430_10
Nikon F3 Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLII N FUJICOLOR C200


桔梗濠の向かいに桜田巽櫓(さくらだたつみやぐら)。監視と防御を目的とする櫓だそうです。
20180430_11
Nikon F3 Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLII N FUJICOLOR C200

20180430_11-2
Sony ILCE-7S Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical


廻りを見渡すとビルばかり。
20180430_13
Nikon F3 Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLII N FUJICOLOR C200

20180430_16
Sony ILCE-7S Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical


正門鉄橋です。この辺りには海外の方がたくさん居て、皆さん楽しそうでした。
20180430_19-2
Nikon F3 Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLII N FUJICOLOR C200

正門石橋(めがね橋)。
20180430_21
Sony ILCE-7S Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

20180430_17
Nikon F3 Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLII N FUJICOLOR C200


こちらにやってくる海外の方が行列をなしてました。
20180430_20
Sony ILCE-7S Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical


桜田門。相変わらず皇居ランナーが多い。
20180430_23
Nikon F3 Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLII N FUJICOLOR C200

20180430_24
Sony ILCE-7S Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

20180430_25
Sony ILCE-7S Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical


日比谷公園ー有楽町駅
日比谷公園ではこの日、NAONのYAON(女性ミュージシャンのみのロックフェスティバル)というイベントが開催されていたらしく、遠くからシャウトが聞こえてきました。
20180430_26
Sony ILCE-7S Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

20180430_27
Nikon F3 Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLII N FUJICOLOR C200

有楽町駅へ向かう街並みです。
20180430_29
Nikon F3 Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLII N FUJICOLOR C200

20180430_28-2
Sony ILCE-7S Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

20180430_30
Nikon F3 Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLII N FUJICOLOR C200

20180430_31
Sony ILCE-7S Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical


いかがでしたでしょうか。
フジカラーC200、α7sの写真と並べてもあまり違和感がなく、とてもナチュラルな感じですね。にも関わらずフィルムらしさは十分あります。まとめ買いすればお値段も手頃ですし、常用にはピッタリのフィルムかもしれない。ちょっと気になったのは、空の青が出にくい(白っぽくなる)こと。これはフィルムの特徴なのでしょうか?それとも露出や現像時のアーチファクト?味わいとして許容できるので良いのですけど、コントロールできるものなのかそうでないのかは気になるところです。グリーンの出かたはさわやかできれいで、とても好きです。

 
ところで、デジタルカメラフィルムカメラを併用すると、なんだか撮り歩きに集中できない感じがありますね。どちらで撮ろう?とか、デジタルで撮ったけどフィルムでも撮っておこう、とか、雑念が出てくる感じ。今回は本当はフィルムカメラのみにするつもりでしたが、後で後悔するのが嫌でデジタルカメラも念のため持っていき、結局二台併用するかたちになりました。そろそろフィルムカメラにも慣れてきたし、今後はフィルムカメラの時はデジタルカメラは持ち歩かず、フィルムに集中するようにしようかな。


こちらもどうぞ