An Ordinary Life

Shonan/Nature/Snap photos, Sony cameras and Others

JR鶴見線でお手軽旅

20170430_14

 

以前にタモリ倶楽部で見てからずっと興味があった、JR鶴見線に乗ってきました。

JR鶴見線は、横浜・川崎の京浜工業地帯を走る短い路線。京浜工業地帯で働く労働者の足として機能しているそうです。首都圏を走る路線にも関わらず、一部の駅は関東の秘境とも呼ばれています。

今回巡ったルートは以下の通り。
鶴見駅国道駅国道駅→浅野駅→海芝浦駅、海芝浦駅→浅野駅→浜川崎駅

鶴見駅国道駅、浅野駅、海芝浦駅で写真を撮ってきました。

 

 


 

鶴見駅
JR鶴見線の起点となる駅です。京浜東北線から乗り換えたのですが、同じJRにも関わらずもう一度改札口を通る必要があります。鶴見線鶴見駅を除き全駅が無人駅なので、キセル乗車を防止するためのようです。


20170430_1

 

 
20170430_2

 

 
20170430_3

 

 

国道駅
鶴見駅のひとつ隣、生麦事件で有名な生麦地区に位置する駅。是非とも立ち寄りたかった場所です。次の電車まで30分時間があったので、じっくり見て廻ることができました。


20170430_4

 

 
ガード下には昭和の雰囲気が漂う異世界が広がる。
20170430_5

 

 
20170430_6

 

 
20170430_7

 

 
20170430_9

 

 
分かりづらいかもしれませんが、看板の上には戦時中の銃弾(機銃掃射)の痕が残されています。


20170430_8

 


詳しくはこちら↓などをどうぞ。

www.gnavi.co.jp

 

 

浅野駅
この駅で鶴見線海芝浦支線に乗り換えました。鶴見線は本数が少ないので、下調べをきちんとしないと乗り換えに時間を取られます。浅野駅では30分待ちだったので、コンビニおにぎりの昼食をとりました。


20170430_10

 

 
なんともノンビリとした感じで、まるでどこか田舎の路線の駅に来たみたい。ここが京浜工業地帯のど真ん中であることを忘れてしまいます。


20170430_11

 

 
20170430_12

 

 
20170430_13

 

 
この電車で最終目的地の海芝浦駅へ向かいます。


20170430_14

 

 

 

海芝浦駅
本日のメイン、鶴見線海芝浦支線の終着駅、海芝浦駅です。
この駅は東芝の敷地内にあるので東芝の関係者しか降りることができません。しかし、この駅は京浜運河に面していることから眺望が素晴らしく、東京湾ベイブリッジ・工業地帯を一望することができます。このことから、鉄道マニアの方々を中心に関東の秘境駅としてよく知られているそうです。今日も多くの観光客が訪れていました。


20170430_15

 

 
20170430_16

 

 
20170430_17

 

 
東芝の関係者以外、駅から出ることはできないのですが、駅のすぐ横には東芝京浜事業所が敷地の一部を使用して運営・管理している公園(海芝公園)があります。こちらは入園無料で利用することができます。


20170430_18

 

 
駅からの風景。今日は昼間に訪れましたが、夕景・夜景も素晴らしいんだろうな。(時刻表をしっかり確認しないと帰れなくなるそうですが)


20170430_19

 


 

以上になります。

今回は家族と一緒だったので周辺散策はあまりしませんでしたが、電車から見る限り鶴見川の船溜まりなども良い雰囲気でした。次は一人でじっくりと廻ってみたい。

なお、鶴見駅から直通電車で海芝浦駅を訪れている方が多いようですが、もし時間があれば国道駅にも是非立ち寄ることをオススメします。めっちゃディープです、、。