An Ordinary Life

Shonan, Nature/Snap photos, Sony cameras and Others

逗子から由比ガ浜まで歩いてきた

20180907_06

JR横須賀線逗子駅から江ノ電由比ヶ浜駅まで散策してきました。



ちょっと仕事が煮詰まってきたので (^^;  気分転換に午後休を取得することにしました。この日の天気は、雲が多く蒸し暑くて強風という、あまり良くないコンディション。カフェなどに逃げられる横浜でも歩こうか、それとも鎌倉か、東伊豆の漁村か、、、などと考えた末、逗子周辺をのんびりと歩くことにしました。

参考まで結果的に歩いたコースを貼っておきます。ご興味のある方はルートを参照いただきながら写真をお楽しみいただければ。


逗子駅ー海岸まで
横須賀線で爆睡していたら、終点の逗子駅に到着。
20180907_01
何の変哲もない駅ですが、どこかノスタルジックな雰囲気もあるような、...なんていうと住んでる人に怒られちゃうかな。逗子っていうとオシャレなイメージもあるので。

駅周辺の様子。駅舎を出ると海の匂いがぷんと漂っており、駅前には活気のある魚屋さんがあったりして、やはり海辺の街だなあという感じがしました。
20180907_02

商店街を歩く。
20180907_03
20180907_04

ハマって、ヨコハマのことじゃなく、浜のことね。
20180907_05

なんだろう、ノスタルジックな雰囲気の中にどこかオシャレな雰囲気が漂う街並みなんですよね。
20180907_06
20180907_07

海!!埼玉(海なし県)出身なので、未だに海をみると高揚してしまいます...
20180907_08
20180907_09


逗子海岸から国道134号線
逗子海岸では、由比ヶ浜以西の海岸とは異なりサーフィンでなくウィンドサーフィンが盛んです。海水浴のシーズンが終了したこともあるのか、海岸はウィンドサーフィンを楽しむ方々で賑わっていました。
20180907_10

20180907_10-2

それにしても風が強い!この海の色で分かっていただけますでしょうか?潮が飛んできて肌もカメラもベトベトするし、砂が飛んできて目や口に入るしで、早々に浜からは退散しました。
20180907_11

国道134号線沿いには、ウィンドサーフィンなどのショップが所せましと立ち並んでいました。
20180907_12


披露山公園から逗子マリーナへ
国道134号線の歩道をぶらぶらと歩いていたら、「この先歩道は通れません」の看板が。しっかりと計画を立てていなかったこともあり、国道沿いに逗子マリーナ方面には抜けられないことを失念していました。

仕方ないので、高養寺脇から浪子不動ハイキングコースで披露山公園に登ることにしました。
20180907_13

カブトムシやクワガタが居そうな山だなあと思いながら山道を登っていると、朽木からクワガタの幼虫を探している小学生二人組がおり、「こんにちは!」と声をかけられました。道を尋ねると、一生懸命逗子マリーナまでの道を説明してくれました。今の時代、家でゲームをしている子が多いなか、こんな小学生もまだ居るんだなあと、ちょっとほっこりしました。


披露山公園の展望台に到着。なかなかの眺望でした。
ここから見る夕陽はすごいだろうな...。今度来てみよう。
20180907_14
手前は「披露山庭園住宅」と呼ばれる高級住宅街(反町隆史/松嶋奈々子夫妻、松任谷由美なんかの家があるとか..)。右手奥が逗子マリーナです。

披露山公園から披露山庭園住宅街に降り、ここ本当に通っていいの?と思うような民家と民家の脇の小路を通って逗子マリーナに下っていきます。
20180907_15

この雰囲気はあれだ、漁村の高台にある民家のやつだ。などと考えていたら、小坪漁港に出ました。まさに「漁村の民家」だったんですね。高級住宅街から漁村への雰囲気の劇的な変化がとても面白い。
20180907_16
20180907_17

そして、またもガラッと雰囲気は変わって、リゾート地の逗子マリーナ。
20180907_18

ここまででかなりの距離を歩いており、もう汗だく。逗子マリーナ内のカフェで一休みすることにしました。
20180907_19
retty.me


このカフェ、とても良かったです。開放的な雰囲気で、窓からは逗子マリーナ越しに海が臨めるロケーション。方向的には夕陽が見えるはずだから、サンセットディナーなんて楽しいはず。一度来てみたいな。土日は混みあったりするのだろうか?
20180907_20


逗子マリーナから由比ガ浜
カフェで一息ついた後、外にでるとちょうど日没の時間。海岸線には夕陽を眺める人たちがちらほら。なかには三脚を立てたカメラマンも。ここは江ノ島・富士山・夕陽がセットで狙える有名な夕景スポットなのです(この時間にここを通るよう計算していました(笑))。
20180907_21

残念ながら、この日のコンディションは良くなかったですね。水平線に雲が立ち込めていて富士山も夕陽も見えず。これから冬にかけてコンディションは良くなるので、また来ようと思います。
20180907_22

築港遺跡がある和賀江島(わかえのしま)。
20180907_23
潮が満ちているため何も見えませんが、干潮時には遺構の名残りを見ることができます。詳しくは下記をどうぞ。

www.shizengate.com


材木座海岸
すっかり日は沈んでしまいましたが、街の灯りが波打ち際に反射してとてもキレイでした。
20180907_24

この時間でも、浜を散歩しているひとはちらほらと居ます。
α7S、SEL70300G (198mm)、1/60、-1.3EV、ISO12800で無理やり撮影してみました。Lrで暗部を持ち上げているため画質は最悪ですが、雰囲気だけでも。
20180907_25

19:00、ゴール地点の江ノ電由比ヶ浜駅に到着!もう完全に真っ暗。よく歩いたー。
20180907_26


思いがけずかなりの長旅になりました。蒸し暑かったのでそれなりに疲れましたが、変化に富んだコースで楽しかった。涼しい季節には気持ちのよいハイキングコースだと思います。

以上です。


こちらもどうぞ