An Ordinary Life

Shonan, Nature/Snap photos, Sony cameras and Others

SAMYANG AF 24mm F2.8 FE

20181104_15

SAMYANG AF 24mm F2.8 FEを購入しました。


私が現在保有しているレンズの中で最広角は、APS-C専用レンズであるVario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS(SEL1670Z)の広角端16mm、すなわち換算24mmです。ネイチャーフォトなどで広角を使いたい場面はちょくちょくありますが、SEL1670Z広角端の描写にやや物足りないものを感じていたたため、20-24mm程度の描写の良い広角レンズを探していました。

求めていた条件は以下の3つ。

1)軽い
2)高価でない
3)性能がよい

まず1)についてですが、私は正直、広角レンズが苦手です。標準~中望遠大好き人間なので、使用頻度は低くなるに決まっています。重いと持ち出さなくなることが予想されるため、「軽い」は必須要件でした。2)についても同様です。上記の事情があるため、高価なレンズに投資する気になりません。3)については言わずもがなですね。

私の中で気になっていたレンズは、Sony FE 24mm F1.4 GMCarl Zeiss Loxia 21mm F2.0Tokina FíRIN 20mm F2 FE MF Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 Aspherical E-mount の4本。でも、前者の2本は残念ながらお値段的に手がでません。そこで必然的に後者の二本が現実的になるのですが、Color-Scopar 21mm F3.5は開放F値が控えめなぶん、非常にコンパクトなレンズとなっており(230g)、ほぼ私の中ではこのレンズで確定していました。

そこに来て意外な伏兵が現れました。SAMYANG AF 24mm F2.8 FEです。重量はわずか98g。AF付き。価格コム最安値¥38500。これで描写が良ければ文句ないのですが、フォトヨドバシのレビューやePHOTOzineを見る限り、強烈な周辺減光を除けば意外に良さそう...?

photo.yodobashi.com

www.ephotozine.com

というわけで、半分遊び、半分本気でSAMYANG AF 24mm F2.8 FEを購入してしまいました。残念ながらプラスチック製の筐体はあまり所有する歓びを感じさせてくれる感じではありませんが、果たして写りはどうなのでしょうか?
あいにくの雨模様でしたが、さっそく地元を撮り歩いてきました。


白い花の中に一輪だけ紫の花が。面白かったので開放でパチリ。ふむ、意外に悪くない?
20181104_01
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/2.8 1/640 ISO100

境川。F8パンフォーカスで。すげーって感じでもないですが、悪くもない印象。
20181104_02
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/8.0 1/200 ISO100

開放で。ボケ味がよい感じ。周辺減光のおかげで雰囲気がでる。
20181104_03
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/2.8 1/640 ISO100

境川河口。F4.5。うん、良いかも。
20181104_06
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/4.5 1/200 ISO100

ボケ味が良いので寄ってスナップしてしまいます...。あまり広角の意味がないような。
20181104_04
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/2.8 1/1250 ISO100

20181104_05
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/4.5 1/200 ISO100

20181104_07
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/2.8 1/320 ISO100

洲鼻通り。開放の周辺減光、すご...。
20181104_10
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/2.8 1/320 ISO100

テーブルフォト、フツーに行けちゃいます。最短撮影距離は24cmです。
20181104_11
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/2.8 1/60 ISO100

広角らしい写真も撮らなくては...。
20181104_12
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/5.0 1/60 ISO125日

龍口寺。
20181104_13
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/2.8 1/100 ISO100

腰越の路面電車区間。AFは普通に使いものになりますよ。MFした時の感触も悪くはありません。
20181104_14
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/4.0 1/800 ISO100

20181104_26
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/5.0 1/125 ISO100

かなり寄っているのですが、やはり広く写ります。
20181104_15
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/4.0 1/100 ISO100

小動(こゆるぎ)浜。
20181104_16
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/9.0 1/80 ISO100

20181104_17
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/4.5 1/250 ISO100

20181104_18
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/2.8 1/1250 ISO100

いやあー、ボケ味いいなあ。
20181104_19
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/2.8 1/2000 ISO100

ピント面の切れも悪くないんですよね。周辺減光のおかげもありますが、これが絵になってしまうのは、レンズに実力があるからな気がする。
20181104_20
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/2.8 1/500 ISO100

片瀬東浜。
20181104_22
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/2.8 1/1000 ISO100

20181104_23
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/2.8 1/1000 ISO100

前日夜に撮影した夜景です。
20181103_07
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/14.0 30s ISO160

20181103_06
Sony ILCE-7S SAMYANG AF 24mm F2.8 f/7.1 30s ISO100


以上です。

とりあえずファーストインプレッションは悪くない感じです。特に、当初あまり期待していなかった開放での描写がとても良いことに驚きました。パンフォーカス時のキレについては、Nokton 40/1.2 ASPH.を絞った時のような凄みは感じませんが、SEL1670Z広角端の描写よりは確実に良いように感じます。

残念ながら今日は曇っていたので、今後晴天下での描写がどうなるか見極めていきたいと思います。特に逆光時や、フレームに太陽に入れた時の描写がどうなるか楽しみです。

いずれにしてもこのレンズ、とにかく軽いので、それだけでも保有するメリットがあるような気がします。しばらくは楽しめそうです!

 

SAMYANG 単焦点広角レンズ AF 24mm F2.8 FE ソニーαE用 フルサイズ対応

SAMYANG 単焦点広角レンズ AF 24mm F2.8 FE ソニーαE用 フルサイズ対応

 

 

こちらもどうぞ